摂り方

イソフラボン、いつとる?

イソフラボンとは、一体どのタイミングで摂取すると一番効果的なのでしょう。
女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンは、その作用から、ホルモンバランスを調整することが出来ます。
しかし、体の中で産生される性ホルモンと言うのはほんとうにごく微少で、そのことから性ホルモンが分泌されるタイミングで摂取するのが効果的かと思われます。

実は、夜になれば眠くなるように分泌されるメラトニンのように、体内には、時間帯によってその存在量が変わるホルモンというものが存在します。
対して、性ホルモンに限っては、一日中存在量が変わらないという研究結果があります。
しかし、インターネットなどで調べていると、寝る前に摂るのが効果的だと書いているサイトが数多くあるかと思います。

これはあながち間違っているとはいえず、確かに集中的に性ホルモンが分泌される時間帯というのはないのですが、実は、睡眠中において70%が分泌される、と言われる成長ホルモンは、性ホルモンの分泌を調整する作用を持っているそうで、すなわち、女性ホルモンの分泌にもかかわるということがわかっています。
そしてこの睡眠と深く関わっているのが、女性ホルモンだというのです。
女性の性周期のリズムというのは、エストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンによって構成されています。

実は、これらのホルモンは、眠気の抑制(エストロゲン)、そして促進(プロゲステロン)を行うことで、睡眠中枢にも大きな影響をもたらすのです。
このホルモンバランスが崩れてしまうと良い睡眠が取れなくなってしまい、その結果、夜のホルモン分泌が十分に行われなくなることからさらに女性ホルモンの量が減ってしまうということが考えられます。
イソフラボンは、エストロゲン様作用を行うだけではなく、この2つの女性ホルモンのバランスを調整する役割があることから、睡眠前に摂ることによって、質のいい睡眠が摂れると考えられるのです。
これらのことから、イソフラボンは健康にとてもおすすめな成分なのです。

Copyright(C) 2013 女性には欠かせない栄養素 All Rights Reserved.