摂り方

イソフラボンはバストアップ効果がある?

ルパン三世に登場する峰不二子を見てほれぼれとしてしまうのは、何も男性だけではないでしょう。
貧乳で悩む女性には、同姓の同情が集まりますが、やはり胸が大き過ぎて肩がこるわ〜なんて言おうものなら他の女性の殺人光線を浴びそうですね・・・
たしかに、もともと胸の大きい女性にも悩みがあるかと思いますが、今回はいわゆる貧乳に分類される女性に着目してみましょう。

さて、やはりバストというのは、女性である、というシンボルであるという印象があります。
胸が出ている体型はシルエットから男性と異なりますし、赤ちゃんにお乳を飲ませるということから母性の象徴でもあります。
では、貧乳とまで言わずとも、小さめなバストと、豊かで大きなバストとじゃ、一体どのような部分でその差がついてしまうのでしょうか。

それはバストに含まれる脂肪の多さなのです。
この脂肪とは、母乳を出すための乳腺を保護する、という役割があります。
したがって、脂肪が守るべき乳腺の発達を促すことは、バストアップに繋げることができるという理屈になります。

バストの中に存在する乳腺と脂肪を割合で示すと、乳腺一割、脂肪九割だといいます。
そして、そのわずか一割の乳腺が、バスト全体的な大きさを左右するのです。
一割の乳腺よりも、やはり比率の高い九割の脂肪を増やせばいい、と思いがちですが、それは間違いです。

バストの張りというのは、乳腺があってこそなのです。
そのため乳腺の発達があって、美しいバスト、つまり美乳が形付けられるのです。
では、この乳腺を発達させるには、どのようにしたらいいのでしょう。
この乳腺の細胞を増やし、発達させる働きを担っているのが、通称女性ホルモンと呼ばれる中のエストロゲンなのです。

ですから、簡単な話、エストロゲンを増やせばいいというわけです。
しかし、エストロゲンは加齢とともに減少し、その結果、バストはその大きさとハリを失ってしまいます。
そのため、外部からエストロゲン様作用が可能な、イソフラボンを取り入れることで胸を大きくするとともに、美しいバストhttp://www.mp3lerim.org/basutoaxtupu.htmlを作り出せるのです。

Copyright(C) 2013 女性には欠かせない栄養素 All Rights Reserved.