摂り方

イソフラボンで病気が治る?

病気の中では、がんは未だ治療法が確立されていないということから、その予防方法が注目を浴びています。
その中でも、日本に関しては、乳がん発生率が西洋の国々に比べ、低いことは研究者の間でも非常に話題になっていました。
そのなかで日本人の食生活に着目することによって、大豆に含まれる有効成分であるイソフラボンに注目が集まったのです。

このイソフラボンとは、そのエストロゲン様作用から、女性ホルモンの不足分を補う役割で知られています。
実は、乳がんが発生する重要な要因の1つとして、女性ホルモンの種類の1つであるエストロゲンが関与しているとされています。
生体内でのこのエストロゲンの量が高くなればなるほど、乳がんになってしまう危険性が高まるとされているのです。

また、体の内部で精製されるホルモン以外でも、体外から取り込む、例えば性ホルモン様作用を行う事で知られる成分を摂取したり、ホルモン治療などを行うことも、実は乳がんのリスクを高めるとされているのです。
つまり、乳がんとは、ホルモンの異常によって発症するホルモン依存性の癌であるということなのです。
そのため、牛乳を良く飲み、和食中心ではなく、洋食中心の食生活を送っていると、大豆の摂取量が減り、結果的に閉経の年齢が遅くなったり、初産の年齢が遅かったり、授乳の経験がない方もまた乳がん発症率が高くなります。

そして、この結果から考えると、イソフラボンのように、女性ホルモンと同じ役割をする物質はむしろ乳がんの発生率を上げてしまうと思えます。
しかし、ここからがイソフラボンの本領発揮であり、じつはイソフラボンは不足しているエストロゲンを補充するだけでなく、多すぎるエストロゲンを減らす働きがあるのです。
つまり、イソフラボンには、エストロゲン量を一定に保つはたらきがあるのです。
乳がん発生率が低いとされている日本ですが、それでも食生活などが変化したことから、その数は増えています。
イソフラボンの摂取のため、和食を取り入れることが必要かもしれません。

Copyright(C) 2013 女性には欠かせない栄養素 All Rights Reserved.