摂り方

大豆が苦手な人のためのイソフラボンの摂り方

イソフラボンといえば、大豆イソフラボンというだけあって、大豆に豊富に含まれるので、大豆の入った、豆腐や味噌などを使ったレシピを多用することによってイソフラボンを効率よく摂取することが出来ます。
しかし、これは大豆が苦手な人にとっては苦痛になってしまいます。
そのため、おすすめできるのが、大豆の独特な味や匂いがほとんど残っていないおからです。

さらにおからをカサ増しとして使うレシピであれば、言わなければ入っていることがわからないほどです。
特に、女性の間でダイエット食として人気となっているのが、おからクッキーです。
インターネットの通販サイトを見てみても、大量に箱買出来るサイトが多く見受けられます。

それらのレビューを見てみると、やはり普通のクッキーとして楽しめるという評価が多いということが分かります。
おからはカロリーが低いので、普通のクッキーよりヘルシーなのです。
また、ハンバーグなどひき肉を使った料理に混ぜて使うというのも有名です。

ダイエット中だけどお腹いっぱい食べたい!大豆は嫌いだけどイソフラボンはきちんと取りたい、と言う人にはぜひオススメしたいものになっています。
それでも大豆だからいやだ!と言う人であれば、味やにおいの面でまったく大豆らしさが残っていないサプリメントの利用がオススメです。
他にも、サプリメントのメリットとしては、集中的にイソフラボンをとれることや、長期保存ができる、さらに旅行先ででも食べられることが挙げられます。

逆に、デメリットとして簡単に目安量とされてる値を超える摂取量を確保できることから過剰摂取による副作用の危険性があります。
また、あくまでも補助食品として使用しないと、逆に栄養失調になることもあります。
これらの点をきちんと踏まえれば、イソフラボンサプリメントの利用は、特に出張が多い人や、家事や育児などでまとまった時間が取れない時に、非常にありがたいイソフラボンの摂取方法だといえるでしょう。

Copyright(C) 2013 女性には欠かせない栄養素 All Rights Reserved.