摂り方

イソフラボン、男性は摂らないほうがいい?

女性ホルモン様作用があることによって、非常に体に良いとされるイソフラボンですが、実は男性にも良い効果があります。
男性では、若い人でも最近悩んでいるのが、抜け毛や薄毛といった症状です。
これは良く知られている事ですが、遺伝的にお父さんやおじいさんに薄毛の影響の強い人がいれば、抜け毛や薄毛になるという人が多いです。

しかし、これはあくまでも男性ホルモンという体質的なものであって、決して薄毛などに悩まされることがDNAに刻まれている、というわけではないのです。
さて、ここで、なぜ男性ホルモンではなく、女性ホルモンがこのような症状に有効かどうかです。
実は、男性の中にも微量ながら女性ホルモンが存在し、それが上手く男性ホルモンとバランスを保つことで体の中の様々な作用がうまくいきます。

しかし、ここでストレスや加齢などによってそのバランスが崩れ、男性ホルモンが強く作用するようになってしまうと、薄毛などに繋がってしまうのです。
つまり、不足している女性ホルモンの作用を持つとされるイソフラボンを摂取することによって男性ホルモンの働きを抑制、しいては、抜け毛や薄毛に効果が期待できるということなのです。
他にも、イソフラボンが含まれている大豆を摂ることによって、良質な植物性のタンパク質も一緒に摂取できますので、抜け毛を予防するだけでなく、健康な髪の毛を育て、太くしなやかさのある髪の毛を得ることが出来ます。
さらにイソフラボンは前立腺がんの予防に役立つとも言われています。

また、植物性なので、余計な油分もありませんので、油分の多い動物性タンパク質を摂取するよりも、皮脂量が少ない頭皮環境を整えることが出来ます。
その結果、余分な油分が頭皮にあることで起きる、毛穴詰まりによる抜け毛も解消することが出来るのです。
イソフラボンは、男性にとってはあまり良くないという話もありますが、それは過剰摂取や、体質的にイソフラボンとあわないといったようなケースが殆んどのようです。
きちんと摂取目安量を守って摂ることで安全に利用しましょう。

Copyright(C) 2013 女性には欠かせない栄養素 All Rights Reserved.