摂り方

イソフラボンは女性ホルモンに似てる?

大豆自体、非常に健康に有効なものとして注目を浴びていますが、その大豆に含まれるファイトケミカルの中でも、最近特に注目されているのが、大豆イソフラボンです。
イソフラボンは、フラボノイド系のポリフェノールと呼ばれるものの一種で、大豆や葛などを始めとした豆科の植物の含有成分として知られています。
その化学構造式が女性ホルモンであるエストロゲンに非常に似ているもので、その結果、その働きもエストロゲン様であることがわかっています。

さて、エストロゲンは、女性ホルモンというだけあって、女性らしさを保ち、女性の健康を維持するためになくてはならない、大変重要な役割を担っています。
動脈硬化や高血圧などの生活習慣病の発症を防いだり、骨のカルシウム分が溶け出すのを抑え、骨粗しょう症を予防するなどの健康効果があります。
また、女性に嬉しい、細胞の潤い、そして柔軟性を守って皮膚や粘膜を健康に保つことでアンチエイジング効果があります。

そして自律神経におけるバランスを整える働きがあることから、イライラや不安といった精神的に不快な症状を抑えることが出来ます。
このような重要な働きを補ってくれるのがイソフラボンなのです。
さて、女性は40代後半にさしかかったくらいから、エストロゲン分泌量が減少し、女性の体内のホルモンバランスが崩れます。

この結果、さまざまな自律神経における失調症状があらわれます。
これがいわゆる更年期症状で、この症状の程度には個人差がありますが、ひどい場合には、ホルモン補充療法、もしくは漢方薬による治療が行われます。
これらは医療施設で行われますが、家庭でもできる対策として、エストロゲンの代わりに働く食材を積極的に摂るという方法があります。
その代表選手として挙げられるのが、大豆イソフラボン、というわけです。
この大豆イソフラボンは、豆腐や納豆といった身近な大豆製品から摂れるので、ぜひ食生活に取り入れて行きたいですね。

Copyright(C) 2013 女性には欠かせない栄養素 All Rights Reserved.