摂り方

イソフラボンと女性ホルモンの関係

女性の健康や魅力のためには、女性ホルモンが重要だという話はよく効きますが、一体どのようなことなのでしょうか。
では、まず女性ホルモンの1つ、エストロゲンについて見て行きましょう。
その具体的な働きを挙げていくと、まずコレステロールの血液中での増加を抑え、動脈硬化などを防ぐということがあります。

これは、もちろん健康についても重要な関わりがあるのですが、それは、同時に女性の美容に大きく関連するのです。
血液中のコレステロール値が下がるということは、結果的に血液サラサラ効果があるということなのです。
そのため、体中の血液のめぐりがよくなり、体の隅々、つまり毛細血管の先にまで、十分な栄養素、そして酸素が供給されます。

そのため、肌の新陳代謝を促進し、血色の良い、ハリのある肌を作り出し、髪の毛が丈夫に育ち、抜けにくくなるという効果をもたらしてくれるのです。
そのため、健康になる上に、アンチエイジング効果があるといえるのです。
さらには乳房や性器、そして皮下脂肪を発育させることによって、丸みのある、女性らしい体を作ることから、バストアップなどの効果も期待できます。

女性ホルモンというのは、他にも女性の機能を維持、そして発育していくためにも重要です。
生理、妊娠の際には、卵巣内の卵胞を成熟させ、そこで卵子を育て、排卵に備えさせたり、子宮内膜を厚くし、将来の赤ちゃんとなる受精卵の着床のための準備を進めたりすることにも関わってきます。
日常生活においても、骨からカルシウムが流れだしてしまうのを防いで丈夫にしたり、周期的に生理が起きるように調節したり、自律神経を安定させることによってイソフラボンで精神的にも安定した生活が送れます。

しかしこの重要な女性ホルモン、エストロゲンは、個人差はあるものの、加齢によって減少する傾向にあります。
そこで薦められるのが、イソフラボンhttp://www.infomercialratings.com/kag.htmlです。
このイソフラボンとは、エストロゲンと構造、そして機能も非常に似ていることから、植物性エストロゲンとも呼ばれていて、非常に注目されているのです。
その効果は、数多くの研究によって解明されており、エストロゲン作用以外にも、エストロゲンが過剰になっている時には、抗エストロゲン作用を持つという調整機能も持っていることから、乳がん研究の対象にもなっています。
つまりイソフラボン=エストロゲン以上のものがイソフラボンにはあるというのです。

Copyright(C) 2013 女性には欠かせない栄養素 All Rights Reserved.