摂り方

イソフラボンは女性に優しい?

イソフラボンとは、女性、特に更年期を向かえるくらいの年齡の女性に優しい作用をくれることで知られています。
代表的なイソフラボン摂取の効果としては、不足してくる女性ホルモンの補充による、更年期障害による症状の緩和、そして治療が挙げられます。
閉経前くらいになると、女性ホルモンの分泌量が大きく低下し、そのことによってホルモンバランスが崩れ、様々な症状が表面化してきます。

例としては、のぼせやほてり、さらに心悸亢進や発汗、冷え性などの身体的な症状から、憂うつ感や焦燥感さらに記憶力や判断力などの低下といった精神的な症状もあります。
また、しびれや下痢、頻尿などの症状や肩こりや腰痛、さらに全身倦怠感など日常生活にも支障をきたすような症状も更年期障害には特徴的です。
そのため、女性ホルモン類似作用をもつイソフラボンは非常に有効だといえるのです。

また、イソフラボンは骨粗鬆症にも有効に働くとされています。
女性ホルモンのエストロゲンは、骨から溶け出してくるカルシウム量を抑え、骨を保護し、骨粗しょう症から予防してくれる役目を担っているのです。
そのため、更年期を迎え、女性ホルモンの存在量が減ってしまうと、いくら牛乳などでカルシウムを摂ったとしても、骨の中のカルシウムは維持されず、どんどん溶け出していってしまうのです。

そこで、イソフラボンは、不足したエストロゲンの働きを肩代わりすることによって、イソフラボンは骨からカルシウムが溶け出すのを防ぎ、骨の密度を保つのです。
さらに、イソフラボンは、血液中のコレステロール値を下げる作用があります。
特に悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールの数を抑える作用があります。
さらに、この悪玉を減らす作用のある善玉、と呼ばれるHDLコレステロールを増やす働きがあることから健康維持の面で非常に有効に働くとされています。
そのため、健康維持、そして美容の保持のために、イソフラボンの摂取は効果的だといえるのです。

Copyright(C) 2013 女性には欠かせない栄養素 All Rights Reserved.