摂り方

イソフラボンを上手に摂れるヘビロテレシピはこれ!

イソフラボンといえば、大豆に含まれるので、大豆を使ったレシピを駆使すれば、非常に効率よくイソフラボンを摂取することが出来ます。
その中でも、女性の間で最近話題となっているのが、おからです。
おからとは、お豆腐を作るとき際に大豆を蒸して絞った時に残る搾りカスです。

お豆腐屋さんにいくと、このおからは大量に、そして格安で販売されていますね。
このおからは、通販で多くの商品にカサ増し商品として様々な形で販売されています。
しかし実は、カサ増し以外にも、大豆に含まれている、豊富な栄養素が含まれた万能食材でもあるのです。

大豆を絞った際の水分は、イソフラボンを豊富に含み、豆乳として飲料にもなり、そしてにがりを混ぜて固めることで豆腐として使えますが、実は皮にも栄養素やイソフラボンなどが含まれているのです。
そして、カサ増しに使えるということもあり、おからは栄養がたくさんある上に、低カロリーなので、非常にダイエットに適しているのです。
ネット通販であれば、おからクッキーなどがオススメです。

一食置き換え型なども存在し、ダイエットを狙った商品であるものがほとんどだということが分かります。
では、家庭で使えるヘビロテイソフラボンレシピとしては何があるでしょうか。
やはりおからといえば、卯の花が定番となっていますね。

おからと適当な野菜を出汁と一緒に炒めて、そこから煮詰めるだけなので、非常に簡単です。
しかもご飯のおかずでもお弁当にも使え、美味しいおかずとしても大活躍です。
カサ増しとしては、ハンバーグに混ぜて使うというのが主流でしょう。

量はたっぷりあるのに、使うお肉の量を効率的に減らせるので、ダイエット効果にも優れるほか、カロリーを気にするような人にもオススメのレシピになっています。
さらに、ここから肉団子やつくねにもアレンジできますので、肉の種類や味付けを変えてみれば、様々な料理に応用できますし、何しろ調理が簡単です。
さらにおからは、クッキー以外にも、ケーキなどにも使えます。
十分満腹感は得られるのに、カロリーは控えめなので、ダイエット中にも甘いモノを我慢したくない人にもオススメできます。

Copyright(C) 2013 女性には欠かせない栄養素 All Rights Reserved.