摂り方

イソフラボンどうして体にいいの?

イソフラボンは体にいい!というのはよく聞くことです。
しかし、実際にどのように良いのでしょうか。
女性ホルモンに似た作用があるということで更年期障害に効くことで知られていますが、他にも様々な健康有用作用があるのです。

例えば、骨を丈夫にする効果あるということが挙げられます。
骨に含まれることで知られるミネラルの1つであるカルシウムは、女性ホルモン量が十分ではないと、どんどん溶け出してしまいます。
この骨のカルシウムの維持というのは、女性ホルモンの役目なので、イソフラボンを摂取することで、カルシウムを留め、骨の密度を維持して、骨粗鬆症の予防、そして改善に効果が期待できます。

さらに乳がん予防にも効果があるということをご存知でしょうか。
乳がんというのは、ホルモン依存性がんとも言われていて、女性ホルモンが過剰分泌に分泌されていることが、キッカケとなることもあります。
性ホルモン様作用をもたらすイソフラボンがなぜ予防に役立つの?と思われるでしょうが、実は、イソフラボンには過剰になってしまった女性ホルモンの分泌を整える効果があるのです。

そのことから、乳がんにかぎらず、ホルモン分泌によって発生する前立腺がんや子宮がんといったがんの予防にも効果があると言われています。
また、イソフラボンの強力な抗酸化作用のおかげで、細胞の癌化も防げることから、がん自体にも期待できます。
さらに、イソフラボンは悪玉コレステロールを減らすだけでなく、善玉コレステロールを増やすという効果があります。

これは、動脈硬化の予防と改善にも繋げられます。
そしてやはり女性にとって一番気になる効果というのが美容に関する効果ではないでしょうか。
エストロゲンは、女性らしい体、つまりバストアップや美肌効果があります。
そのため、イソフラボンにも同様な働きが期待できるのです。
このような健康にも美容にも嬉しい効果を持つ、イソフラボンを試してみては?
おすすめのイソフラボンの摂り方は、普段の食事の中からの摂取でしょう。
主に大豆製品に含まれている成分ですので、大豆製品を積極的に摂っていきましょう。


Copyright(C) 2013 女性には欠かせない栄養素 All Rights Reserved.