摂り方

イソフラボンは毎日摂ったほうがいい?

イソフラボンは、その女性ホルモン様作用から、多くの健康有用効果が期待できる成分として、日本のみならず、世界的に注目されています。
その中でも、やはり注目すべきはイソフラボンによる更年期障害の予防、そして症状の緩和と改善効果です。
更年期障害の特長としては、のぼせやほてり、さらに心悸亢進や発汗などの不快な症状から、肩こりや腰痛、そして全身倦怠感などとともに精神的な不快症状も挙げられます。

このような様々な症状を伴う更年期障害は、加齢やストレスによる女性ホルモン量の不足がキッカケとなりますので、その構造上の類似性から、女性ホルモン作用をもつイソフラボンは非常に有効であるといえます。
さらにイソフラボンは骨を丈夫に保つという面でも非常に有効です。
カルシウムといえば、牛乳が有名ですが、いくら牛乳などからカルシウムを摂取しても、実際には女性ホルモンの働きが十分ではないと、骨の中にカルシウムが留められず、どんどん溶け出して、骨をもろくしてしまいます。

そのため、イソフラボンを摂ることで骨からカルシウの流出を防ぎ、骨の丈夫さを保つことができます。
その結果、イソフラボンから期待できることとして、骨粗鬆症予防があります。
この骨粗鬆症は、基本的に閉経後の女性に多発する病気ですが、その理由というのは、閉経による女性ホルモンの1つ、エストロゲンの不足が原因となっています。

イソフラボンは、エストロゲンの激減による骨粗鬆症を始めとした症状を緩和してくれるのです。
このように様々な効果をもたらしてくれる健康成分であるイソフラボン。
出来るだけたくさんとって効果を実感したいものですよね。

しかし、実際には、一気に摂取することは、副作用の危険性もあることから禁物です。
効果をきちんと実感したいのであれば、重要になるのはその量ではなく、以下に計測的に摂取できるかです。
少しずつ健康な体を作る感覚で毎日少しずつ摂るようにしましょう。

↓イソフラボンを摂るなら手軽なサプリメントで
  

Copyright(C) 2013 女性には欠かせない栄養素 All Rights Reserved.