摂り方

イソフラボンで女度UP

女度を上げるためにさかんに言われている女性ホルモンですが、実際に女性ホルモンが不足すると、どのような症状があるのでしょうか。
まず、皮膚に見られると症状として、美肌が衰えてしまいます。
女性ホルモンは、ヒアルロン酸やコラーゲンを合成力に関連するので、その機能が低下してしまい、その結果、肌のみずみずしさや弾力が低下し、結果的に女性らしい肌を失っていきます。

また、新陳代謝が低下することから、肌のターンオーバーのサイクルが乱れ、通常ならば垢として最後に剥がれ落ちるはずのシミが肌に残り、色素沈着が起きやすくなってしまいます。
また、女性にも微量の男性ホルモンがあることから、ホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンの分泌過剰が起こります。
その結果、男性ホルモンの作用が色濃く現れ、体毛が濃くなったり、前頭部の髪が薄くなるという男性型脱毛症の症状が現れたりします。

また、皮脂分泌が活性化されるため、ニキビや湿疹、さらにフケなどの原因となり、油性皮膚になってお肌のテカリに悩まされたり、皮脂の詰まりで髪の毛が抜けやすくなったりします。
実は、思春期ニキビと呼ばれるものは、男性ホルモンの増加に伴う皮脂分泌の過剰が原因となっているのです。
さて、この女性ホルモンと言うのは、加齢とともに減少してしまうことから、イソフラボンのように女性ホルモンのエストロゲンに似た化学構造を持ち、それが不足した場合には補強し、過剰になれば抗エストロゲンとして働くといったように、女性ホルモンを適正量に保つ作用http://cartyah.hqforums.com/1.htmlがあります。

そのため、ヒアルロン酸やコラーゲンの合成を促進し、つややかで若々しい張りのある肌を保ちます。
さらに脂腺抑制作用もあることから、ニキビや湿疹などに始まるお肌トラブルを防止することが出来ます。
また、フケや油性皮膚、さらに脱毛症を予防します。
そのため、薄毛に悩まされる人にとっては非常に嬉しい成分としても活躍します。
このような点から、イソフラボンの利用で女子力をアップできるというわけです。

Copyright(C) 2013 女性には欠かせない栄養素 All Rights Reserved.