摂り方

イソフラボンで老化防止?

20代までは、みずみずしい肌、そしてやわらかみのあるふっくらした体つきというのは、若いときには当然のように備わっているものです。
これは、まさに健康を守り、女性ならではの美しさを作りだし、そして支えてくれた女性ホルモンのちからの賜物と言っても過言ではないでしょう。
若いころであれば、化粧水なんてものを使わなくても良かった!なんていう人も少なくないでしょう。

しかし、年を取り、この美しさを惜しみなくくれたホルモンが減少するに伴って、特に美を気にする女性にとっては、それこそ避けたい様々な症状に見舞われます。
女性ホルモンの中でももっとも女性の美に直結していると言われるエストロゲンによって翻弄されるというのが、女性の宿命となっているようです。
さて、女性は閉経を迎えて更年期と呼ばれる時期に入ると、いままで女性の美しさだけでなく、健康なども守ってきたエストロゲンの分泌量が減少を始めます。

それに伴い、老化現象や更年期障害http://www.jsbia.com/the-menopause.htmlなどの不快症状、そして様々な危険が現れるといわれます。
この更年期障害といわれる不定愁訴とは、この女性ホルモンの分泌量の違いによって引き起こされるのです。
植物性エストロゲン、と呼ばれるイソフラボンは、その構造がエストロゲンに似ていることから、エストロゲン様作用をすることが出来るということで知られていて、植物性であることから、穏やかながら減っていく女性ホルモンを肩代わりように働いて、不快な更年期障害の症状を軽くしたり緩和したりしてくれます。

さらに、イソフラボンには、抗エストロゲン作用も備わっているのです。
そのため、乳がんなどのホルモン依存性とよばれるがんの原因となる過剰なエストロゲンによる害を抑えてくれるというのも、非常にうれしい作用です。
そのため、乳がん予防についても活用できるというのです。
イソフラボンに備わる抗酸化作用は、女性ホルモンの力を強め、その結果、アンチエイジングhttp://www.yamamototei.jp/kouka.htmlを始めとした様々な老化現象を抑制してくれるのです。

Copyright(C) 2013 女性には欠かせない栄養素 All Rights Reserved.