摂り方

出産後はイソフラボンを摂って快適な産後を

出産後は体力が落ちていることからなど、様々な食品が薦められます。
その中でも、妊娠出産によって変動したホルモンバランスを改善するためには、女性ホルモン様作用を及ぼし、ホルモンバランス調整作用があるイソフラボンがオススメです。
女性ホルモンと一言で言っても、プロゲステロン、通称黄体ホルモンとエストロゲン、通称卵胞ホルモンの二種類があります。

さて、この二種類のホルモンは、生理のサイクルを制御し、さらに妊娠から出産の流れも管理するので、非常に重要な働きをする物質と言っていいでしょう。
さて、前者のプロゲステロンは、生理サイクルにおいては、排卵後から生理開始までに最も多く分泌されます。
さらに、妊娠した際には、妊娠の継続を支える仕事を担っているホルモンです。

具体的な作用としては、体温を上げる、血管を拡張させ、骨盤の中に血液を溜め、うっ血させることで妊娠状態を維持、もしくは排卵に向けて体を整えます。
さらに、腸のぜん動運動を抑えることでも知られていて、生理前に便秘になる、という人も多くいます。
さらに、皮脂分泌を促すことから肌トラブル全盛期となり、同時に乳腺を発達させるので、胸が張りやすくなります。

これは、妊娠初期のむくみや食欲増進、そしてイライラの原因にもなります。
影響によって、メラノサイト(色素細胞。メラニン色素を作る)の活動が活発になり、メラニン色素の生成が促されてしまう訳です。
対して、エストロゲンは、生理サイクルの生理から排卵までに分泌されます。

これは、妊娠の準備をするためのホルモンなので、女性らしい、丸みのある体を作ったり、肌の代謝促進を行うことから肌の艶が良くなります。
また、自律神経の活発化を行うことから、精神が安定してきます。
イソフラボンには、このエストロゲンを補充するだけでなく、増え過ぎている場合には、その量を減らす事ができます。
そのため、産後のホルモンバランスを整えるhttp://www.jimmanley.net/rhythm.htmlのに非常に有効な成分だということなのです。

Copyright(C) 2013 女性には欠かせない栄養素 All Rights Reserved.