摂り方

イソフラボン摂り過ぎは危険?

大豆イソフラボンは、名前に大豆、と入っている通り、主に大豆の胚芽部分に多く含まれているフラボノイドという色素の一種です。
大豆イソフラボンのもつ化学構造は女性ホルモンの1つであるエストロゲンに非常に似ているため、植物性エストロゲンとも呼ばれ、加齢によって不足してくるエストロゲンの代わりに働くことから、女性ホルモンの現象に
よって引き起こされる女性の骨粗しょう症、そして更年期障害症状にも有用な効果があるのではないかと、様々な業界から注目されています。

アンチエイジングや生活習慣病対策効果なども期待されているこの大豆イソフラボンですが、サプリメントなどでは、過剰摂取が起こりやすいことから注意が必要です。
食品安全委員会のまとめた「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」では、基本的に1日当たりの大豆イソフラボンを摂取する目安量の上限値というのを70から75mgとし、そのうち、
サプリメント、特定保健食品などを通して摂取する量は、1日につき、30mgまでとしています。

天然由来の健康食品でありながらも、摂取量に上限値が定められた背景には、豆腐や味噌などの食事を通してではなく単体でイソフラボンが含まれているサプリメントを過剰に摂取することによって、女性ホルモンバランスが崩れるという可能性があり、その結果、月経周期の遅れ、子宮内膜増殖症などの危険性が高くなるということも報告されていることからだと考えられます。
閉経前の女性の場合、不足してくるエストロゲンに伴い、イソフラボンを摂取するのは良いとされていますが、ここで過剰に大豆イソフラボンを摂取してしまうと、減りだした血中ホルモン値が急激に上昇してしまうなどすることで、月経周期が延長する、ということなどが知られています。
イソフラボンは健康によいとされていますが、摂る量と効果は残念ながら比例しません。
重要なのは、量ではなく、継続して摂り続けることです。
摂取量を守り、副作用を避けましょう

Copyright(C) 2013 女性には欠かせない栄養素 All Rights Reserved.