摂り方

イソフラボン摂りすぎるとどうなる?

大豆に含まれる健康成分として定着したイソフラボンは、ポリフェノールの一種です。
その健康効果は、イソフラボンの持つ強力な抗酸化作用、そして女性ホルモンのエストロゲン様作用だと考えられています。
強力な抗酸化作用は主に生活習慣病に関連する健康障害に対して効果を発揮し、最近では高血圧を改善することで非常に大きな注目を浴びています。

これに対し、エストロゲン様作用によって、ストレスなどで崩れてしまったホルモンバランスを整える効果が期待できます。
ただし、いくら健康にいいからといって、摂り過ぎはよくありません。
特に男性に関しては、女性ホルモンに似た作用を行うことから、男性の女性化が起きてしまうという副作用の危険性があります。

具体的な症状として、代表的な例として精子数の減少が挙げられます。
前述したように、イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンのような働きを行うので、体に存在する男性ホルモンと女性ホルモンのバランス崩れ、女性よりのバランスになってしまうのです。
そのため、過剰摂取により女性ホルモンhttp://www.gaelicdreams.com/jyoseihorumonn.htmlの量が過多になってしまうのです。

その結果、精子数が減少してしまうということがあるのです。
また、バストが大きくなった、などといった体の女性化現象があります。
しかし、これらの症状に関しては、あくまでも研究段階にあるものですので、過剰摂取によって必ずこれらの状況に陥るというわけではないので、それゆえに一概にどんな症状が出るかというのに関しては定かではありません。

しかし、量が効果に直結すると考えるのは、少々無理があります。
最も効果を引き出したいと考えるのであれば、継続的に毎日摂り続けることが最も効果的です。
そのため、毎日定められた適切な量を摂取していれば、過剰摂取による副作用の可能性を避けられるでしょう。
つまり、例え健康によいものだからと言って、量を摂るのではなく、正しい服用方法を守って、継続的な摂取が必要ということなのです。

Copyright(C) 2013 女性には欠かせない栄養素 All Rights Reserved.