摂り方

イソフラボンを失わない調理法

イソフラボンを出来るだけ効率的に摂取したいと考えると、イソフラボンの種類を考えることが有効かと思います。
実は、イソフラボンには2種類あるということを知っていましたか?
アグリコン型とグリコシド型の2種類です。

さて、前者のアグリコン型と言うのは、活性効果をもつ構造式のみで、糖がついていないため、結果的にその分子構造が小さくなり、分子の大きさも小さくなります。
その結果、摂取されると、胃ですばやく吸収される、といった特徴があります。
対して、後者のグリコシド型のイソフラボンになると、糖が付加してしまっているので、どうしても吸収率が低くなってしまうと考えられます。

グリコシド型は、通常胃ではなく、糖を外すという作業が必要となることから胃はそのまま通過し、腸で吸収されるのです。
この吸収効率については、研究者の間でも意見が割れているのですが、腸の吸収になると、
腸内細菌の働きによって糖が分解されてからでないと、体に吸収されません。

この腸内細菌の数には、かなり個人差がでるため、腸内細菌が少ない人に関しては、胃での吸収のほうが体にいいという研究者に軍配があります。
このように腸内細菌の数が少ないと、結果的に吸収できずに、そのまま排泄されてしまうイソフラボンの量が多いと考えられます。
さて、納豆や豆腐、そして豆乳等の大豆製品のほとんどは、グリコシド型で存在しています。

そのため、上記の考えで行くと、かなり吸収率に偏りが出てしまうことが考えられます。
対して、味噌は、製造過程において、麹菌の酵素の作用であらかじめ糖が分解されているので、アグリコン型として存在しています。
このことから、もし出来るだけイソフラボンの摂取効率を上げて、そのまま排泄されて失ってしまうイソフラボンを減らそうと思うならば、味噌のように発酵工程を経たものを積極的に摂る事が薦められます。
味噌と一言で言っても、味噌汁や味噌漬け、味噌焼きなど様々な食べ方があるので、飽きずに食べられる食材といえるかもしれません。

Copyright(C) 2013 女性には欠かせない栄養素 All Rights Reserved.